スルーネックでギター製作 零号機アイスマン その10 塗装工程の前に弦を張ってチェック

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

塗装工程の前に楽器としての最終チェック

さて、フレットの打ち込みが浅い3F、16F、18Fの3か所は、一度フレットを抜いて溝の掃除をしたりクラフトのこで少し溝を深くしたりしながらフレットにアールを付け直してから再度打ち込むと上手くいきました。
で、楽器としてちゃんと成立するのか、弦を張ってチェックしてみることにしました。
ice10_01
まず、ロックナット。
年末に発注していたGOTOHの上止めロックナットFGR-2がサウンドハウスからようやく届きました。ナットの場所に置いてみると、指板が6mm程度ある関係で2mm弱ほど高さが足りないようです。そこで、ヘッドに貼った2mm厚エボニー化粧板の端材を少しサンディングしてゲタを作成しロックナットの下にセットしました。
ice10_02
弦を張ってFLOYDROSEもセットしてみました。
イイ感じです。
ちょっと弾いてみましたが、ハイポジションのアクセスが想像以上に良好でビックリしました。
ice10_03
ペグのポストからは、ほぼ直線でナットまで弦が通っています。
ice10_04
FLOYDROSEのアンカー穴開けは何度かやり直したかいがあって、弦の通り道も問題ありません。ホッとしました。
弦高は12Fで弦からフレットまでの距離が1.5mmくらいです。
ice10_05
FLOYDROSEのリセス加工した状態からブリッジのベースが若干顔を出す感じの高さになってます。
すり合わせを全く行っていない状態で数か所ビビリがありましたので、後で弦をはずしてからフレットのすり合わせを行いました。
ice10_06
ヘッド裏はこんな感じです。まだペグの固定ビス穴は開けてません。
ice10_07
ボディバックはこんな感じ。
ネックのヒール部分も薄からず厚からずの程良いフィーリングです。
ice10_08
スプリング・アンカーはちょっと寄ってますが、FENDERとかも結構アバウトなんでまぁいいでしょう。
来週からは、いよいよ塗装です!

この記事でやってる事

零号機アイスマンの記事一覧

零号機アイスマンを弾いている動画付き記事

    TOP