CHARVEL CDS-070 組み上げ

ギターのカスタマイズ

この記事の製作・改造・作業内容

プラモデル気分でCHARVEL CDS-070 組み上げ

2ハムのディンキー系CHARVELが欲しくてヤフオクを眺める日々でしたが、完成品はそこそこ良いお値段が付いておりあきらめかけていた中、CDS-070のボディが¥2,000、ネックが¥6,000でそれぞれ同一出品者から出品させているのをゲット!
意外にもネックよりボディの方が競合が激しくボディの落札額は¥4,100となってしまいました。
前後でネジの長さが違うネックプレートのセットと3ウェイのセレクターSWを含む電装も同じ出品者から購入。
特にアレンジすることなく、組み上げるだけの簡単なお仕事となりました。

ピックアップは、今回のCHARVELとキャラが被るIBANEZのRGをお休みさせてSEYMOUR DUNCAN SH-6及びTB-6のディストーション・コンビを使用。コントロールは1VOLのみで、いつものようにデフォルトのVOL位置は使用せず、とりあえず穴の開いたままになっています。

ブリッジは、このCHARVEL用にとやはりヤフオクでゲットしていたアリアのGOTOH製ART-2を使用・・・・していましたが、すったもんだの末SCHALLERに換装しました。

ペグやロックナット、ジャックプレートなどを手持ちのもので都合して、組み上げました。
無駄にデカいアメリカンな感じのコントロール・キャビティ用のフタは欠品していました。しばらく往年のLAメタルの人風にフタ無しにしていましたが・・・・
0506
四季折々の日本の気候風土に適合させるべく、アマゾンから2×200×300mmの塩ビ板を¥823で調達し自作しました。
作業は、大まかにカットしたあとボディにあてて様子を見つつ延々ヤスリで削る作業で面倒くさいことこの上ないですが、ビス穴や縁の面取りとか微妙な部分の調整が上手くハマると嬉しいもんです。
出来自体は、工作が好きなくせに面倒くさがりな性格を反映してめちゃ雑です。
精神修養も兼ねた趣味だと思っているんですが、子ども時代に戦艦とかのプラモデルを作っていた時からあまり成長していないようです。
0507

やっぱりCHARVELは良い!

おそらく90年代前半の共和商会/中信楽器製造のものだと思われますが、廉価シリーズとはいえやっぱりCHARVELは良いです。

ネックはGRECO+CHARVELのネック同様、CHARVELならではのフラットなアールが非常にしっくりきます。
ボディ下ホーン側のコンター加工も良好でハイポジションの弾き易さは異常です。
これだけ空間的余裕があると押弦のタッチも微弱で済みますんで、その分横のポジション移動も楽になりますね。

cha001

ボディのくすんだパープルは全然趣味じゃなかったけど、こうして見ると中々良いもんです。
でも、(全然気にしないけど)キズも多いし多分リフィニッシュします。というか元々そのつもりで購入しました。
材はセンでしょうか。良さげな木目です。
今年はもう寒くなってきたので、来年の春ごろかな。

色なしでナチュラルにするか、ステインでお気に入りの赤にするか・・・・
考え中です。
センだと導管埋めの「との粉」にも挑戦しないといけないし。
研究せねば。

ちなみにネットから拾った写真でシースルー・パープルのやつはこんな感じ。
nw_shamrayshop_7655_main

パープルというかワインレッドみたいですね。
ポアーステイン赤でここまで深みが出せれば良いけど・・・・

アイドルの一人、フィル・コリンのシグネチャー・モデルのナチュラルな感じも参考になります。
これは激フレイム・メイプルですけどね。
pc1

この記事でやってる事

CHARVEL CDS-070の記事一覧

CHARVEL CDS-070を弾いている動画付き記事

    CHARVEL CDS-070 の詳細はこちら

    TOP