JACKSON STARS ランディV ピックガード作成

ギターのカスタマイズ

この記事の製作・改造・作業内容

前回、銅板で自作したランディVのピックガードですが、どうも弾いていて気になる部分が出てきまして。
というのは、右手のストローク時にピックガードの角に指先が当たって痛かったり、爪の先が銅板に擦れる感触が気持ち悪かったりという症状。(写真赤丸部分)

000

ということで再度ピックガードを作り直すことにしました。
というか、むしろ右手ガードです。

実際に制作に入る前に画像ソフトで色々とシミュレートしました。
とりあえず、こんな感じで行こうかと。

sample001

将来的にはボディを薄いクリーム色に塗り替えたくもあります。

sample003

あるいは、ゴージャスに全面パーロイド仕様とか!
パーロイド板の面積が足りませんが・・・・

sample002

やっぱり最初の案で行きましょう!
大和マークさんから送料・税込4,395円で購入した400×300×2.4mmのホワイト・パーロイド板。
こいつに、予め作成したテンプレートを両面テープで固定し、Pカッターで切っていきます。

001

前回の銅板は苦労しましたが、2.4mmといえども所詮はプラ板。
ちょっとがんばれば切れていきます。

で、ブリッジの部分とか細かい凹凸もヤスリで形成し、本体に装着。

003

ちょっとクラシックなフライングVを彷彿させる感じになりました。
前回ペラい0.5mmのアルミ板で作成したロッド・カバーもパーロイド板で再挑戦。
間近で見ると雑ですが、遠めだとイイ感じです。

これで心おきなくピッキングできるようになりました!

004

この記事でやってる事

JACKSON ランディVの記事一覧

JACKSON ランディVを弾いている動画付き記事

    JACKSON ランディV の詳細はこちら

      TOP