VICTORYタイプ ギター自作 その4 指板接着と穴あけ

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

ざぐりネック作成ボディ作成指板作成

指板接着


白蝶貝のインレイを埋め込んで放置していた指板をネックに張り付けます。
トラス・ロッドは埋め込んだまま、ここまでの作業をやっておりました。

タイトボンドで接着してクランプ中。


翌日、指板が接着出来ました。

飛び出たままのインレイをサンディング。

インレイ縁の微細な穴をエボニー粉を混ぜた2液タイプのボンドで補修します。


1.5mm厚、高さ7mmのバインディングを指板の周囲に貼っていきます。
バインディング材はGUITAR WORKSさんで購入したアイボリーのヤツです。接着にはセメダインCを使用しています。


指板は約6mmなので、接着したバインディングの飛び出た部分をスクレーパーやカッターでそぎ落とします。

指板面、インレイ面、バインディングがほぼ面一になったところで改めてサンディングし、平面にしておきます。

指板幅を基準にネック部の不要部分をカットします。はじめはノコギリでラフに。

最終的にはトリマーで整えます。そのために先ほどの工程で指板面を平面にしておいたわけです。

その他の穴あけ


コントロール・キャビティを掘っておきます。

フォスナー・ビットで大まかに掘りました。何か所もあるので結構疲れます。

アウトプット・ジャック用の穴もフォスナー・ビットで掘っておきます。ビットの直径が25mmのため若干穴が小さいので後でヤスリで広げておきます。

本日の作業が終了しました。
コロピー君にチェックしてもらっています。

VICTORYタイプの記事一覧

VICTORYタイプを弾いている動画付き記事

    TOP