VICTORYタイプ ギター自作 その6 弦を張ってチェック

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

FLOYDROSEヘッド作成ボディ作成

弦を張って楽器として大丈夫かチェック


アウトプットジャックのネジ穴を空けて。

ジャックプレートを装着。

ペグもセットし。

裏側からネジ止め。

FLOYDROSEのスタッド用アンカーは余っていたGOTOHのヤツを使用します。
FLOYDROSEのアンカーは直径10mmですが、GOTOHは11mmなので若干大きめの穴になっています。

アンカーをトンカチで打ち込みました。

FLOYDROSEは1弦サドルの下にスペーサーを入れて高さを調節します。

弦を張ってみました。
概ね問題無いようですが、アーミングした際に引っかかりが無いか等、木工部分の修正箇所を探します。

ピックアップは木ネジで直付けします。

ピックアップの底にウレタンのシートを敷いて、その反発力で高さ調整できるようにします。

ボディ・トップ全体を研磨。

ボディ・バックも研磨して塗装工程へ進めます。

この記事でやってる事

FLOYDROSEヘッド作成ボディ作成

VICTORYタイプの記事一覧

VICTORYタイプを弾いている動画付き記事

    TOP