バックアイバール 自作7弦ギター その7 指板・ネックシェイプ調整

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

ネック作成ヘッド作成指板作成

ヘッド形成


先日貼り付けたヘッドのエボニー突板です。
ラフカットしたヘッドの外周に沿って糸鋸で余分な部分をカット。

カットできました。

突板にヘッドのテンプレートを貼ってラフカットした外周をサンディングしシェイプを形成しました。

指板面の調整


ポジション・マークを埋めたまま&バインディング接着したままの指板をサンディング。ポジションとバインディングの出っ張りを均して指板を平らにします。
零号機制作時のスルーネック端材に空研ぎペーパー#60を巻いて一気にサンディング!


さらに#120。

#400と進めて一旦終了。

ネックのシェイプ形成


指板面が平滑になったのでトリマーでスルーネック両サイドの不要部分をカットします。

トリマー作業が済んだら、16インチのサンディング・ブロックにペーパーを巻いて指板面にアールを形成します。
「ハイ起き」を考慮してハイポジションは気持ち多めに削ってます。


ネックのグリップを形成していきます。
ノコヤスリでひたすら削ります。が、硬いメイプルが相手なので遅々として進展しません。


翌日も引き続き削りまくります。
ネックのグリップらしい感じにはなってきました。

厚みを1Fで22mm、12Fで25mmを目安に削ってますが、あと10mm弱残ってます。
これ以上の微妙な作業は、指板にフレットを打ってから実際に握りを確認しながら慎重にやることにします。
で、残りの時間は。

ヘッドの厚みを15mmくらいに調整したり。

ボディの腹コンターを作ったりしました。

この記事でやってる事

ネック作成ヘッド作成指板作成

バックアイバール7弦の記事一覧

バックアイバール7弦を弾いている動画付き記事

    TOP