変形イーグル その7 ヘッド中心に作業

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

ネック作成ヘッド作成

そろそろヘッドも


耳を付けたままだったヘッドも進めます。
まずは、ロック・ナットの台座から。
エボニー指板の端材で42mm*15mm*4mmくらいの台座を作成しタイトボンドで接着。

タイトボンドが安定してきたのでクランプします。

以前インレイを埋め込んでおいたヘッド板をラフカットし、ヘッド面に乗っけて細部を調整しています。

そして接着してクランプ。

翌日。ヘッド板が接着できました。


ヘッドの成形にかかります。
ノコギリでラフカット。

成形をいったん中断します。
垂直ドリルガイドの足場となるヘッド面の面積がまだ広い内にアレをやらないといけません。



そうです。
ペグ用の穴開けです。1.5mmのガイド穴を開けておいて10mmで開けていくんですが、メイプルが堅くて難儀しました。
がしかし、ドリルを新調してからは随分楽に作業ができるようになりました。



ヘッドの厚みを裏から削って調整しています。主にノコヤスリ、極地的に普通のヤスリを使っています。
とりあえず目標は16mmくらい。

まだまだですが、今週はこのへんで。

ヘッドのシェイプも追い込んで行きますが、まだ余裕を残しておきます。

その頃ネックは


ネックのシェイプもボチボチと進めております。
目標は薄いところで25mmくらいですが、まだ30mmくらいあります。

ヒール部分もまだまだです。
どんな形にしたら良いか未だによく解らない部分です。
次回までに色んなギターを見て参考にしたいと思います。

この記事でやってる事

ネック作成ヘッド作成

変形イーグルの記事一覧

変形イーグルを弾いている動画付き記事

    TOP