変形イーグル その11 色んなシェイプ形成

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

ネック作成ボディ作成

フレットすり合わせ


試奏して弦のビビリがあった部分のフレットをすり合わせしたいんですが、弦をはずして又張るのが面倒です。
そこで、弦を張ったままピンポイントでフレットのすり合わせをするためにT型のアルミを購入。
ゴシゴシしています。

ロックナットのネジ折れ補修


で、弦を外してロックナットも取ろうとすると。。
折れやがった。ロックナット固定ネジが。

折れたネジの周囲に小さい穴を開けて、折れネジを抜きました。

折れネジ救出現場にはエボニー粉を混ぜたエポキシを充填。
エポキシが硬化したら改めてネジ用穴を開けておきます。

そろそろネックのシェイプも


ネックのシェイプも進めます。
厚さ21mmのところに目安の線を引きました。
まずここを平たく削ります。

平たくなりました。

平たくなったネック裏の中心に線を引いて、線の両側を削って丸みを付けていきます。

丸みが付いてきました。


5F位置に輪ゴムをセット。
丸みはこんな感じに。

重量ですが、弦や各パーツを仮設置した状態で4.5kgほどありました。
重すぎるのと、トップのアーチの縁が気に入らないのでもう少し削ります。

この記事でやってる事

ネック作成ボディ作成

変形イーグルの記事一覧

変形イーグルを弾いている動画付き記事

    TOP