ギター製作 初号機 モッキンバード その12 塗装工程前編(サンディングシーラー等下地処理)

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

最終研磨からプライマーまで


成形が終わりギターとして動作することも確認できました。塗装工程に突入します
まず全体をサンディングします。空研ぎペーパーの番手を#150→#240→#400という感じで進めました。
ネックはスルスルです。

ボディは中央は平坦ですが、バインディングを巻いているエッジの部分は徐々にカーブを付けています。
もっと立体的なカーブにしたかったんですが、そうなるとエッジ近辺のメイプル部分をかなり削らないといけないので、面倒なのと最終着地点の見当が付かなかったのでこれで良しとしました。
細かい部分は指&ペーパーですが、ほとんどの部分は丸棒にペーパーを巻いて作業してます。

ヘッドはペグ穴を開けた時にチップした箇所を補修して全体をサンディング。

研磨を終了して全体を軽く濡らしたウエスでふき取り、木部用プライマーを吹きます。どの程度塗布したらよいか分かりません。同じ面に都合3回くらいスプレーしましたが・・・
ここ最近作業したギター3本で1缶を使い続けてますが、そろそろ無くなりそうです。

ヘッドは濡れるとイイ感じになります。

ボディバックです。
1弦側のツノがバナナみたいでおいしそうに見えます。

ボリュート両脇の削り過ぎた部分をパテで補修しています。
こういった部分の3次元的な加工はホント難しいです。

サンディングシーラー


続いてサンディングシーラーを塗布していきます。
室内でやると強烈なシンナー臭が家族に不評なので外でやってます。

ボディ・トップです。バインディングと木部の境目などにスキ間が出ないよう、刷毛で厚盛りしていきます。

ヘッドです。刷毛が固まって滑らかに塗布できません。
どうせ削るんで厚盛りします。

小一時間ずつのインターバルを置いて、なんやかんやで4~5回塗布しました。
明日は雨予報なのでしばらく乾燥させます。

この記事でやってる事

初号機モッキンバードの記事一覧

初号機モッキンバードを弾いている動画付き記事

    TOP