初号機モッキンバードのボディ・シェイプ改造 その1

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

ボディ作成

初号機モッキンバードの問題


2017年に製作した2本目のギター モッキンバードですが、ストラップを付けて立って引く場合にヘッドが下がる、所謂「ヘッド落ち」現象に悩まされておりました。
そこで根本的に解決をはかることにしました。

別のボディ・シェイプへ改造!


別のシェイプに改造すると、もはやモッキンバードでは無くなりますが、イイんです!
新たなシェイプは自作最新作のVICTORY風にしようと思います。

ボディのウイング部をカット


スルーネック部、ブリッジ・アンカーがある中央部分96mmを残して両側のウイング部をカットし、新たなシェイプに改造します。
カットする位置に線をひきます。

バックも。


両ウイングをカットして中央部分は長さが不足しています。
そこで、ボディ・エンド側に端材のホンジュラス・マホガニーを接着します。

接着後、形を整えました。

トップ材の作業


新たなシェイプ用トップ材として、TONEWOOD SHOPさんからカーリー・メイプル トップ材を購入しました。6mm厚で税抜き8,500円です。
ブックマッチ材で2枚送られてきますので接着します。

ハタガネで両サイドを圧着しつつ、垂直方向にズレないように重たい辞書で押さえます。

ブックマッチ接着できました。
VICTORYタイプのテンプレートを貼り付けて、それをガイドにカットしていきます。

ラフカットできました。

指板エンド部分等を調整して、実際にスルーネック部に乗っけて様子を見ています。

まあまあ良いようなので、ピックアップやブリッジの穴を空けておきます。

ドリルやフォスナー・ビットでラフに穴あけして。

トリマーで仕上げます。

良い感じになってきました!!

この記事でやってる事

ボディ作成

初号機モッキンバードの記事一覧

初号機モッキンバードを弾いている動画付き記事

    TOP