ギター製作 初号機 モッキンバード その15 最終工程(導電塗料でシールド、ロッドカバー再作成)

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

最終調整

導電塗料の塗布


全体のウレタン塗装は3日くらい経つと硬化して手触りがサラッとしてきました。
ピックアップとコントロール部のざぐりに導電塗料を塗布し、シールディングします。

ドロドロですが、水性なので安心して作業できます。
導電塗料は、「SONIC SP-01 Water-Based Shielding Paint」というヤツを使用しています。


ピックアップざぐり、コントロール部ともに2回塗布しました。
乾くとサラっとします。

ラグで導電塗料面に接地させたアース線をコントロール部ざぐりまで引きます。

ロッド・カバー再作成


エッチングでの作業結果が芳しくなかったので、デカール貼り付け方式に変更します。
「エーワン 自分で作るデカールシール 透明」を使用しました。

デカールが印刷された転写面の紙部分を水ではがすと、キレイに転写できました。

水分をふき取って、ラッカーのクリアを4回ほど塗布してコーティングします。

完成直前の小ネタばかりでしたが、次回はいよいよ完成編です!

この記事でやってる事

最終調整

初号機モッキンバードの記事一覧

初号機モッキンバードを弾いている動画付き記事

    TOP