零号機アイスマン ボディ・トップ張り替え改造その3

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

ステイントップボードボディ作成

ボディ・トップの加工


ユニットの可動域に若干不安があったので、リセス加工の深さを9mmくらいにしました。


全体のちょっとしたベベルド加工も進めてます。
シャム柿(ジリコテ)は非常に硬いです。

ネックヒールの部分も思い切ってカットしました。

コントロール・キャビティのフタを作り直します。

ハマりました。

拡大。

ボディ・バックにステインを試してみます


塗装の残った部分をサンディングで削ります。
で、またもやポアー・ステインで黒く染めてみようとしますが・・・

焼け焦げたみたいになってしましました。
サンディング・シーラーが浸透しているところは、ステインが染み込みません。

これはこれでカッコ良いような気もしますが・・・

やっぱり黒スプレーを塗布することにしました。
続きは年末休みに!

この記事でやってる事

ステイントップボードボディ作成

零号機アイスマンの記事一覧

零号機アイスマンを弾いている動画付き記事

    TOP