EMGピックアップ 18V化とキルスイッチ設置

ギター製作

この記事の製作・改造・作業内容

EMG

EMG 18V化


ブラックタイガー エレキングに搭載しているピックアップはフロント/リアともにEMG81です。
EMGは程良いコンプ感がピッキングの粗を整えてくれる反面、強弱のニュアンスが出しにくいというデメリットもあるようです。自分も最初はコンプ感が気持ち良かったんですが、ダンカンのTB-5やTB-6など普通のパッシブ・タイプのピックアップを載せたギターと比べるとEMGののっぺりした感じが物足りなくなってきました。

そこで、現状9V電池1個で駆動しているEMGを9V電池2個直列にして18V駆動にしようと思います。
電圧アップの効能としては、レンジが広くなることでピッキングのニュアンスが付けやすくなることのようです。EMGは設計上27Vまで拡張できるようですが電池を収める場所の問題もあるので。。

金曜日の会社帰りにヨドバシで電池スナップを2個買いました。(黒いヤツ)白いヤツは手持ち在庫のちょっと丈夫そうなスナップです。

これら3個のスナップを互いに黒線と赤線をハンダでつなぎ、アセテートテープで保護します。

黒スナップ2個それぞれに9V電池をつなぎました。
余ったスナップを現在赤い電池が付いているスナップにつなぐと。。。

こんな感じで18V化します。問題は2個の電池が収まるかどうかですが。。。

キルスイッチ設置


ついでにアフターバーナーをはずして跡地にキルスイッチを設置しようと思います。
スイッチを押している間だけ作動するモーメンタリータイプのスイッチは100円~数100円の安いヤツが色々ありますが、あまりカッコ良いのが無いんですよね。そんな中、TESI SWITCHというところのスイッチを発見。。したのは良いんですが国内流通はしておらず、ebayからの購入となりました。こんなスイッチ1個の入手に送料込みで数千円かかりました。アホな投資です。

スイッチの軸部分は直径16mmです。アフターバーナー用の穴が小さいのでリーマーで穴を広げます。

ぴったり収まりました。

こっちも無理やり収まりました。フタを閉めても若干フタが浮くくらいパンパンです。

この記事でやってる事

EMG

黒柿エレキングの記事一覧

黒柿エレキングを弾いている動画付き記事

    TOP